Azure Webサイトで、East AsiaとWest USの速度を比較してみた

Azure Webサイトの作成時に選択できるデータセンターの地域に「東アジア」が追加されていました。
そこで、思いつきですが、以前作成した「アメリカ合衆国西部」と同じサイトを乗せてみて、速度を比較してみました。

<アメリカ合衆国西部(West US)>

<東アジア(East Asia)>

「アメリカ合衆国西部」がAverage 423msに対して、「東アジア」が299msとなりました。
この差はかなり大きいですね。

ちなみに、初回アクセスやしばらく放置した際のアクセス時には、2秒前後掛かる場合もあります。
また、共有インスタンスであるためか、バラつきは結構あるようです。


This entry was posted in 未分類 and tagged , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>